任売ドットコム

 

任意売却って具体的にはどんなことをするのですか?

 

ご所有物件をご自分の意思で売りたいときに売りたい条件で売却することです。

しかし、物件に抵当権等や差押等が設定されている場合は各債権者との協議が必要です。

弊社が各債権者と価格等の調整をいたします。

 

 

いま売却すると住宅ローンの残債が残ってしまいます、

売却は出来ますか?

 

任意売却なら可能です。

任意売却は債権者との話し合いをもとに進めていきます。

債権者の合意があれば全額返済できなくても売却は出来ます。

しかし残った債務については、返済義務も残りますが解決策はあります。

 

 

どうして任意売却を勧めるのですか?

 

競売では市場価格とはほど遠い低額で落札される傾向が強く、多額のローンが残ってしまう怖れがあります。

そうなると競売後に多額の強行返済を強いられ、給料を差押えられる事もあります。

 一方の任意売却は、市場価格や相場に近い価格での売買が期待でき、

債権者との話し合いにより無理のない返済計画に基づいた小額返済が可能になります。

まずは弊社のスタッフご相談を!

 

 

無料相談はこちらへ

 

 

 

任意売却ってどれ位の時間が必要ですか?

 

通常は1〜2ヶ月間位必要です。

各債権者と価格の調整が必要です。

 

 

そのまま住む方法はないのですか?

 

ございます。

しかし条件があります。まずは弊社のスタッフにご相談ください!

 

 

無料相談はこちらへ

 

 

 

売却する場合、すぐに退去させられるのですか?

 

競売では落札された後、不動産業者から強制的に立退きを迫られ、従わなければ不法占拠者と見なされ、

法的措置に出られる事もあります。

 任意売却であれば、債権者との話し合いの中で、引越し時期や条件面での要望に耳を傾けてもらえます。

すでに競売になっている場合は、至急ご連絡ください。

 

 

無料相談はこちらへ

 

 

 

どうやって頼めばよいですか?

 

下記の無料相談をご利用ください。

電話でもOKです。

 

電話:046-278-1577

 

無料相談はこちらへ

 

 

任意売却のメリットはどんなことがありますか?

  •  
  • 通常の不動産取引として売買される為、競売に比べ高値での取引が期待できるので、負債の縮減に繋がる
  • 任意売却の手続きに応じれば、売却金から状況に応じて転居費用の一部を控除して渡す事が可能
  • (遅延損害金の減額相談にも応じる場合あり)
  • 裁判所主導の手続きとなる競売に比べ、自宅の引渡時期の調整がしやすく、退去後の生活設計が立て易くなる

 

 

費用はどのくらいかかりますか?

 

相談料は無料です。また、売却が成立しても、売却代金の中から債権者に負担してもらいますので、

お客様が別途に費用を負担することはありません。

 

 

競売の申し立てをされたのですが大丈夫でしょうか?

 

大丈夫です。諦めないでください。

お時間はまだあります。至急ご連絡ください。

弊社の専門スタッフがご自宅までお伺いいたします。

 

 

無料相談はこちらへ

 

 

競売までの流れを教えてください。

 

競売までの流れをまとめてありますのでそちらをご覧ください。

 

 

競売までの流れ

 

 

 

競売のデメリットはどんなことがありますか?

 

通常の相場価格より安い金額で売却され残債務が多く残ります。

突然落札者より物件の引渡を強制され引越費用も十分にもらうことはできません。

落札者との話がこじれると、強制執行という強制的に荷物を運び出され、住むところ無く、

もちろん引越費用などは一円ももらうことができません。

 

 

 

面倒な手続きはありますか?

 

面倒な手続きは一切ありません。

必要書類の取得から各債権者の連絡など、弊社のサポート体制が整っております。

不動産知識のない方でも、安心してご依頼いただけます。

 

 

弁護士に相談している場合でも相談に乗って貰えますか?

 

大丈夫です。

任意売却は、不動産取引です。

仮に、弁護士に破産を勧められていても、不動産取引としてのアドバイスを弊社ならできます。

 

 

 

無料相談はこちらへ